「見える子ちゃん」9話。臨時教員の周囲には猫の化け物の姿が…

11月28日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「見える子ちゃん」第九話「見たことある」のあらすじと場面、予告が公開された。 ヤバイやつは特定の『人間』の側にもいる。それが偶然なのか、目をつけられたのかは分からない……ただ、ヤバいやつらを引き連れるように彼らは常に一緒にいる。産休の担任に代わって、新たに赴任してきた教師・遠野善。彼はかつてみこたちに仔猫の里親として名乗り出た人物だった。そして、そのときと変わらず、善の周囲にはヤバそうな猫の化け物の姿が…… ■TVアニメ「見える子ちゃん」とは ある日突然、普通の人には見えない異形な存在が見えるようになってしまった女子高生が精一杯シカトしつづける新感覚ホラーコメディ。原作は泉朝樹さん、監督は小川優樹さん、シリーズ構成・脚本は猪原健太さん、キャラクターデザイン・総作画監督は嘉手苅睦さん、化け物デザインはうのまことさん、アニメーション制作はPassione。 見えるはずのないものが見えたとき見てはいけないものを見たときあなたならどうしますか……?そんなものが語りかけてきたらこちらに向かってきたらあなたはどうしますか……?一目散に逃走する?あやしげな術を学び、もしくは霊媒師を頼り、戦う?女子高生・四谷みこの取った行動は──徹底的にスルー!なんにも見えていない、気づいていない!これは、鋼の精神とスルースキルを駆使して女子高生が異形な“ヤバい”やつらを回避するお話……見えていないだけで、そいつらはあなたの隣にも、ほら…… 四谷みこ役を雨宮天さん、百合川ハナ役を本渡楓さん、二暮堂ユリア役を佐倉綾音さん、遠野善役を中村悠一さんが演じる。 原作コミックは第6巻まで発売中だ。 (C)泉朝樹・KADOKAWA刊/見える子ちゃん製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする