オオグチノマカミの意味|ONEPIECE第1020話考察

オオグチノマカミの意味|ヤマトはイヌイヌの実幻獣種?蠱毒が絡む?

オオグチノマカミの意味についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース1020話の考察としてオオグチノマカミの意味についてを、

  • オオグチノマカミの意味|オオグチノマカミは『大口の真神』?
  • オオグチノマカミの意味|イヌイヌの実の幻獣種は間違いない!
  • オオグチノマカミの意味|ヤマトの能力の強さは!?

以上の項目に沿ってご紹介しております。

オオグチノマカミの意味|オオグチノマカミは『大口の真神』?

 

オオグチノマカミの意味は?ヤマトはイヌイヌの実幻獣種?蠱毒が絡む?

甲塚
甲塚

ONE PIECE第1020話ではヤマトVSカイドウの様子が少し描かれるようですが、そこでヤマトは『オオグチノマカミ』という技を披露するようです!

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

オオグチノマカミは『大口の真神』?

すでに別記事にて触れていますが『オオグチノマカミ』とは明らかに『大口の真神(おおぐちのまかみ)』の事であると思われます。

大口の真神とは、今は絶滅したとされているニホンオオカミや山犬の類が神格化されたもので、略すと『大神(おおかみ)』となり、『狼』の語源になっているのではないかとも言われている存在。

狼や山犬は、大昔には神域とされていた山や森に入る人間を襲ったりして神威を現すものであると同時に、田畑を荒らす害獣を退治してくれる有難い面もあった為に、畏怖と感謝の対象として『大口の真神』と呼ばれる神格化されたのだろうと思われます。
ちなみに狼や山犬は主に肉食故に口が大きい為に『大口』とされたようですね。
また、後の時代では『犬神』とも呼ばれるようになり、今はこちらの呼び方の方がメジャーだと思いますが、呪術などと結びつけられており、犬神の方が神威が弱いような印象を甲塚は感じますが…

で、この大口の真神がヤマトの名前の元ネタだろう日本武尊命の伝説にも登場しているようです。

日本武尊命一行が東征の最中、長野県の御嶽山にさしかかった時に鹿に化けた犬の魔物に襲われますが撃退に成功します。
しかし直後に白い霧が立ち込め一行は方角が分からず進めなくなりますが、そこに一匹の白い狼が現れ、日本武尊命と一行を導いたという伝説。

これは御嶽神社に伝わる伝説ですが、もしかしたら、ヤマトがオオグチノマカミという技を使い大口の真神と結びついた元ネタはこの伝説だったりするかも?

しかし、ヤマトは何の能力者なんでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする