「魔法科高校の優等生」4話。少女探偵団は魔法無効化され危機

7月24日より放送されるTVアニメ「魔法科高校の優等生」4話「友達」のあらすじと場面が公開された。 達也は剣道部の壬生たちの言動から、自分を襲った者の正体を反魔法国際政治団体・ブランシュと突き止める。一科生と二科生の分断を図ろうとするブランシュの行動に憤る深雪。 一方、ほのかたち少女探偵団は犯人を剣道部の主将・司甲と特定し、尾行を開始するが、気づかれて謎のバイク集団に襲われてしまう。魔法で対抗する三人だったが、魔法を無効化するキャスト・ジャミングを使われて大ピンチに。 ■TVアニメ「魔法科高校の優等生」とは 作画:森夕先生/原作:佐島勤先生/キャラクターデザイン:石田可奈先生のスピンオフコミックが原作。監督は橘秀樹さん、副監督は渡部高志さん、シリーズ構成・シナリオは玉井☆豪さん、キャラクターデザインは山本亮友さん・佐野隆雄さん、総作画監督は山本亮友さん・佐野隆雄さん・古川英樹さん、キーアニメーターは丹羽信礼さん、音楽は岩崎琢さん、アニメーション制作はCONNECT。 「魔法科高校の劣等生」の主人公・達也の妹で最強可憐な魔法師・深雪の目線で、深雪たち優等生の日常風景や、深雪が胸に秘めた達也への想いなどが描かれる。 司波深雪役を早見沙織さん、司波達也役を中村悠一さん、光井ほのか役を雨宮天さん、北山雫役を巽悠衣子さん、明智英美役を西明日香さん、七草真由美役を花澤香菜さん、渡辺摩利役を井上麻里奈さん、市原鈴音役を中原麻衣さん、中条あずさ役を小笠原早紀さん、一色愛梨役をLynnさん、十七夜栞役を種﨑敦美さん、四十九院沓子役を木戸衣吹さん、水尾佐保役を石飛恵里花さんが演じる。 原作コミックは全11巻で発売中だ。 (C)2021 佐島 勤/森 夕/KADOKAWA/魔法科高校の優等生製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする